大村美術館について 

 大村美術館は、アール・デコの巨匠と称えられるフランスの装飾芸術家ルネ・ラリック(1860-1945)のガラス作品を専門に展示しているプライベート・ミュージアムです。古き日本文化の面影を残す街に新たな文化エッセンスを加えたい、という秋田市の個人コレクターの熱意によって平成7年(1995年)に秋田県仙北市の角館に開館いたしました。
 所蔵作品は、ルネ・ラリックのガラス作品とデザイン作品、娘のスザンヌ(シュザンヌ)・ラリックが絵付けのデザインをしたリモージュの陶磁器、1925年にパリで開催されたアール・デコ博覧会の写真資料とカタログ、ジョルジュ・バルビエ、ジョルジュ・ルパップに代表されるファッションイラスト(ポショワール)といった、20世紀前半のフランスのアール・デコ様式に特化した内容が特徴です。その他、アントニ・タピエス、アントニ・クラーベなどのスペイン現代画家の版画作品も所蔵されています。
 展示にはガラス作品の美しさを充分に引き出すために、約100平米のコンパクトな展示室でライティング等に配慮し、個々の作品を落ち着いて味わっていただけるようにしております。また、より深く鑑賞していただくために、テーマを定めて、約400点のコレクションの中から70点から80点の作品を選定して展示しています。展示替えは2~3ヶ月に1回のペースで行っております。日本情緒あふれる町にあって西洋の幻想的世界をお楽しみいただけます。

 ATTENTION 

当館は、より身近な作品鑑賞を目指して一部の展示品をケースに入れずに展示しています。そのため鑑賞マナーやエチケットについて通常より厳しい基準を設けており、ご来場の皆様にはマナーの遵守を強くお願いしています。また、作品保護と展示環境の維持のため、 多人数でのご利用を制限させていただく場合があります。なにとぞご理解の上、ご協力下さいますようお願い申し上げます。

  • 展示室内でのマナーを守りましょう。

  • 作品、展示品には触れないようご注意下さい。

  • 展示室内での携帯電話の使用、写真撮影はご遠慮下さい。

  • ペットの持ち込みはご遠慮下さい。

  • 酒気を帯びた方のご入場はご遠慮下さい。

  • 小さいお子様は保護者の方が責任を持って見守りましょう。

  • 基本的に多人数でのご利用はご遠慮ください。

その他ご利用に関するご注意

  • 添乗員・旅行会社関係者等の見学(無銭入場)はご遠慮ください。

  • 大学生および中学生・高校生料金を希望する場合は、学生証または生徒手帳等の身分を証明できるものの提示をお願い致します。

  • 小学生以下のお子様は保護者の同伴が必要です。同伴が無い場合はご利用できません。

  • 学校等の教育利用においては、小学生のご利用はご遠慮くださるようお願い申し上げます。中学生および高校生のご利用は少人数のグループごとの利用に限り可能です。

  • 作品保護ならびに展示環境維持のため、多人数でのご利用を制限させていただく場合があります。

  • 臨時に休館日および開館時間が追加・変更になる場合があります。

  • 積雪および気象状況により開館時間の変更や臨時休館になる場合があります。

  • 駐車台数1台(冬期間は積雪により充分な駐車スペースが確保できない場合があります)

©2020 by Omura Art Museum  大村美術館

​秋田県仙北市角館町山根町39-1

  • Twitter Clean