展覧会 

【ご注意】

新型コロナウイルスの予防・拡散防止のため開催期間ならびに営業日等が臨時に変更になる場合がありますこと予めご了承ください。

Dogaresse_s.jpg
アール・デコのガラスとファッションイラスト
− ルネ・ラリックとポショワール −

2021年6月26日(土)~2021年9月27日(月)

休館日:毎週木曜日

開館時間:10:00~17:00

ただし 7/22(木・祝)・9/23(木・祝)は営業。7/20(火)・8/24(火)・9/21(火)は臨時休館。

​ ルネ・ラリックが50代にして宝飾デザイナーからガラス作家へと転向したきっかけのひとつに顧客である富裕層女性のファッションの変化があります。20世紀初頭にファッションデザイナーのポール・ポワレがハイウエストのドレスを発表したことにより、当時の女性達を縛り付けていたコルセットが棄てられ、タイトで直線的なシルエットの服装へと劇的に変化しました。この動向を敏感に察知したラリックは、これまで制作してきたジュエリーが最新のファッションに似合わなくなると判断し、ガラス作家へと転換したと考えられています。

 本展では、このようなクラシックからモダンなファッションへの大きな変化を先導した当時のポショワール版画によるファッションイラストとラリックのガラス作品を中心に紹介・展示致します。

ルネ・ラリックのガラスとアール・デココレクション
2021年4月3日(土)~2021年6月21日(月)

休館日:毎週木曜日

開館時間:10:00~17:00

ただし 4/22(木)・4/29(木祝)は営業 4/6(火)・13(火)・5/18(火)は臨時休館

 フランスの装飾芸術家ルネ・ラリックのガラス作品を中心に、同時代にデザイン・制作された陶磁器やベークライト製品、ファッション版画など約100点を紹介・展示いたします。

 弊館の主軸コレクションであるルネ・ラリックのガラス作品と、それに関連した所蔵作品である娘のスザンヌ・ラリックがデザインを手掛けたテーブルウエア、ラリックの仕事仲間であったエドゥアール・フォルネルのベークライト製品、当時の最先端ファッションを描いたポショワール版画によるイラストなど、おしゃれでモダンなデザインをお楽しみください。

borromee.jpg